買物上手イメージ
TOP 会員様ログイン ご利用ガイド カートの確認 注文状況確認 お問合わせ
※パスワードをお忘れの方はこちら
◆会員様ログイン◆   E-mail パスワード ログイン
おかしのはなし
ビスケットとクッキーの違い

ビスケットとクッキーの違い。

 

 日本独特の区別というものがある。マンションとアパートの区別は日本特有らしい。領収書とレシートを区別したり、シャベルとスコップを細かく規定したり、ブリとハマチもサイズで分けられる・・・。日本人は区別をするのが好きなようだ。

 ところでビスケットとクッキーの違いは何であろうか?結論から言うとこれも日本独特の区別になってしまうのだが、全国ビスケット協会の定義によると、手づくり風の外観で、糖分+脂肪分の合計が40パーセント以上のものが「クッキー」、それ以下のものを「ビスケット」と呼ぶらしい。

 もちろんこれは日本における定義であり、例えばアメリカでは日本でいうビスケットやクッキーのようなサクサクしたお菓子は全部「クッキー」である。「ビスケット」というと柔らかいパンのようなものを指す。ケンタッキーフライドチキンのビスケットのイメージ。イギリスには「クッキー」という言葉がないので、みんな「ビスケット」である。

 更に付け加えると、「ビスケット」の語源はフランスの「Biscuit」(ビスキュイ)から来ており、意味は「2度焼いた」。良く焼く事で保存性を高め、長い航海や軍隊用の保存食として使っていた歴史がある。♠