買物上手イメージ
TOP 会員様ログイン ご利用ガイド カートの確認 注文状況確認 お問合わせ
※パスワードをお忘れの方はこちら
◆会員様ログイン◆   E-mail パスワード ログイン
おかしのはなし
おかき/あられ

おかきとあられの違いって?

 

 おかきとあられ。ちょっと詳しい人は、「うるち米」を使うせんべいと違って、この二つは「もち米」で作られることを知っている。 。小麦を使った南部せんべいや、でんぷんを使ったせんべいもあるけれど、それはまた別の機会にして、ここではおかきとあられの違いの話。

 おかきと言えばチーズおかき、あられと言えばひなあられや柿の種(これもあられ?)など、世の中には色々な製品があるけれど、その違いは単純に大きさだという。

 呼び名を決定づける規格も無く、「焼く」「揚げる」等の製法による違いも無く、両者とも分類は米菓。ただおおよその大きさによって呼び方が違うという。あられは空から降る霰くらいの大きさ、という記載もある。うーん、なんとも適当な感があるけれど、これは現在の話で、実は昔はその作り方で呼び方が違っていたらしい。

 そもそもおかきは正月に神様に供えた鏡餅を槌(つち)で『欠き割って』焼いたり揚げたりしたものの事。お供え物の鏡餅に刃物を入れるのは縁起が悪いとされ、槌を使って割った『欠き餅』が『おかき』となった。一方であられは奈良時代に宮廷で出された『炒った米粒』が原型で、今のあられとは違うものだったそう。

 このように、現在では定義も曖昧なおかきとあられだけれど、本来は作り方から違っていたという。とはいえ、一般的には『大きさ』なんでしょうね。

 因みにあられはお茶漬けの具としても使用される事が多いけれど、これ、実は包装技術が未発達であった頃、乾燥剤の役割を果たしているという事は知ってました?♠